愛の中にいる時、人はやさしくなっています!

無料!司会用台本とスピーチ集

ここから式次第を組み立てて行きます、メインのご媒酌人やご主賓、乾杯の発声はほぼお決まりでしょうが、友人代表や余興などピックアップし組み込んで行きます。

披露宴会場はお色直しの回数などを想定した進行表を数種類持っております、参考にはなりますので、お色直しの回数に合わせた進行表を貰いましょう。その上でご希望があればアレンジして行きましょう。まず、新郎新婦で会場からもらった進行表を参考に台本を作ります。次に司会者とこれでどうか?人数多くなるけど、この人も入れたいんだけど等と相談し調整を行います。

司会者は当日、会場のマスター(黒服)と演奏者、音声などと再度打ち合わせを行い本番に入ります。

私はPCを使って新郎新婦と概要を決定し案がまとまったら調整の為、一度お会いするようにしていますが遠方の場合は電話やメールで調整をすることもあります。当日は私が会場責任者に進行の指示をし本番に入ります。

目次

1 基本的な司会進行台本・・・スタンダードな進行例をご紹介、アレンジは会場と相談!。
2 人前式を組み込んだ挙式と披露宴・・・人前式を披露宴に組み込んだ進行表です。
3 媒酌人(仲人)他 謝辞までの挨拶参考文・・・主たる挨拶の例文集です。
まとめ
披露宴 下記の通りでなくても大丈夫ですよ、披露宴に決まりなんてありません、でもお料理などの関係でこうした方が温かなものは温かく食べてもらえるんだけどなんて事はありますね!会場の係やプロ司会者とよく相談してくださいね。
スタンダード=来賓入場>新郎新婦入場>媒酌人挨拶>新郎側主賓挨拶>新婦側主賓挨拶>鏡開きもしくはウエディングケーキ入刀>乾杯の発声>祝宴開始>新郎新婦和装から洋装へのお色直し退場>新郎新婦洋装でキャンドルサービス入場(乾杯の前に鏡開きを行った場合)ケーキ入刀>友人代表や余興>新郎新婦よりご両親への花束贈呈>両家代表謝辞(本人もなさるケースあり)

 お色直しの時間、和から洋、洋から和は時間が最低でも30分くらいかかります。お色直し時間短縮したい場合は「お写真のあと撮り」がありますが、美容衣装写真スタッフのお披楽喜までの待機が必要となりますので会場側の協力が必要です。不可能な場合もありますので受付の段階で確認してください。当日は挙式出席者の集合写真だけにして、各衣裳での写真は多少の費用は必要ですが「前撮り」という方法も会場によっては可能です。その事により新郎新婦が会場にいられる時間が多くなりますので。要人が沢山お集りのご披露宴では有効な方法です。

# 司会者さんへお願い! 明るく肩の凝らないご披露宴が一番好ましいと思いますがご来賓は年齢層もまちまちですし、ご両家の大切な儀式でもありますので、ある程度の品格を持って進行して下さい。またお料理の上げ下げのタイミングをよく見ながら進めて下さい。お色直しの入退場は必ずキャプテンの合図を確認してからご案内下さい。

はじまりはじまり!ご新郎ご新婦、お仲人ご夫妻、ご両親が会場入り口の外に並び、ご来賓をお迎えし、ご来賓が全て入られましたらご両親もお席に着き扉は一旦閉められます。扉の外でご新郎ご新婦、お仲人ご夫妻は入場の列を構成し待機します。(どのタイミングで?入場のコースは?、右?左?どっちの席に?・・・全て介添えやスタッフが帯同しご指示いたしますのでご安心ください)場内でキャプテンが司会者に準備OKのサインを司会者に送ったらいよいよスタートです。

1 基本的な司会進行台本

ご来賓の入場時

ご来場ありがとうございます、高砂のお席に向かい左手にご新郎側、右手にご新婦側のお席をご用意させて頂きました。お席にはお名前のお札をご用意いたしました、ご確認の上ご着席下さいませ。・・・これを数回繰り返し          

ご両親も入場したら

ご両親様もご入場なさりご新郎ご新婦はご入場の準備をしております、カメラをお持ちの方、ご入場は皆様がご入場された入口より行います、素晴らしいお写真お願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<プロ司会者は> 

本日はご来場誠にありがとうございます、ご入場なさいまして高砂のお席に向かい左手にご新郎側、右手にご新婦側のお席をご用意させて頂きました。お席にはお名前のお札をご用意させて頂きました、どうぞ、ご確認の上ご着席下さいませ。・・・これを数回繰り返します。

ご両親も入場したら          

#タイミング=準備完了と言う合図の後!<入場口近くにいるスタッフが合図をします> 

ご両親様もご入場なさり只今、ご新郎ご新婦はご入場の準備をしております、このお時間を頂き一言ご挨拶申し上げます、本日素晴らしいご縁を頂きご披露宴の司会進行を持ちまして皆様のおともをさせて頂きます○○でございます(私はその都度変えますが「東京から昨日参りました原左京でございます、駅前の○○食堂でご当地メニュー・・・」。

(拍手が起きたらありがとうございます)

ご両家様より肩の凝らない楽しい披露宴にして欲しいと伺っております、どうぞお披楽喜までのご協力宜しくお願い申し上げます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ご新郎ご新婦ご入場

係員が「準備出来ました」合図を発したら・・・司会者に向け手を挙げるとか。

<司会者> 

大変お待たせいたしました、只今よりご新郎ご新婦のご入場でございます、拍手でお迎えください。

(高らかに)ご新郎ご新婦ご入場!                 

<プロ司会者>

係員が「準備出来ました」合図を発したら・・・

大変お待たせいたしました、挙式をすまされ喜び一杯のご新郎ご新婦のご入場でございます、大きな拍手でお迎えください、ご新郎ご新婦ご入場でございます。   

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<プロ司会者>

新郎新婦が高砂の席に着くまで、拍手の合間を使い、紹介などお仲人様のご挨拶と重ならない程度のコメント入れていき、高砂のお席に着くタイミングで今一度拍手をお願いします。

素人の方も真似してもいいよ!                     

文例=挙式をお済しになりお仲人様ご夫妻(媒酌人を立てた場合)に包まれながらのご新郎ご新婦のご入場でございます、ご新郎は空手の達人30歳、ご新婦はお料理が自慢の25歳、正にりりしく、ういういしいお似合いのカップルでございます、間もなく高砂のお席に到着です、より一層の拍手をおお添えくださいませ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

司会者開宴の言葉 

ご新郎ご新婦、お仲人様ご夫妻が着席したら          

<司会者> 

ありがとうございました、令和〇〇年◎月◎日、只今より○○家ご長男○○様と○○家ご長女○○様のご結婚ご披露宴を開宴致します。

私、ご新郎の幼馴染の○○と申します、本日司会を務めさせていただきます、不慣れではございますが宜しくお願い申し上げます。(拍手が来たら=ありがとうございます)             

<プロ司会者は>

ありがとうございました、令和〇〇年◎月◎日、只今より○○家ご長男○○様と○○家ご長女○○様のご結婚ご披露宴を開宴致します。(自己紹介はすましているので媒酌人の紹介にすぐ入る)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ご媒酌人ご挨拶

<司会者> 

それではまず初めに本日ご媒酌の労をお取りいただいたお仲人ご夫妻をご紹介いたします。

お仲人様の○○様は(関係を)ご新郎の勤務する株式会社○○の代表取締役社長であられ、新郎が一番尊敬しておられる方で日頃よりご指導を頂いている社長さんです。では○○様ご挨拶お願いいたします。              

<プロ司会者は> 

はじめに、本日お忙しい中こころよくご媒酌の労をお引き受け頂きました○○様そして奥様の○○様ををご紹介申し上げます。○○様はご新郎がご勤務なさっておられます株式会社○○の代表取締役社長であられご新郎が日頃よりご指導いただき最も信頼し大変尊敬している方と伺っております。これより挙式のご報告並びにご両家のご紹介などご挨拶賜ります。それでは○○様宜しくお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ご新郎側ご主賓ご挨拶                   

<司会者>

ご媒酌人様よりご挨拶を頂戴いたしました、続きましてご新郎側ご来賓を代表していただき直属のご上司、株式会社○○営業部長○○様、お願いいたします。どうぞお進みくださいませ。 (係員がマイクまで誘導します) 

<プロ司会者は>

ご媒酌人○○様よりご両家ご新郎ご新婦のご紹介に加え温かなお言葉を頂戴いたしました。ありがとうございます、続きましてご来賓の皆様を代表して頂きお二人にお祝いのお言葉を頂戴いたします。それでは初めにご新郎側ご来賓を代表していただき日頃お世話になっております直属のご上司で株式会社○○営業部長○○様よりお願いいたします。どうぞお進みくださいませ! (係員がマイクまで誘導します)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ご新婦側ご主賓ご挨拶                   

<司会者>

ありがとうございました、続きましてご新婦側ご来賓を代表していただきご新婦の大学時代の恩師○○様よりお願いいたします。

<プロ司会者は>

ありがとうございました、続きましてご新婦側ご来賓を代表していただきご新婦の大学時代の恩師△△大学名誉教授○○様よりお願いいたします。○○様はご新婦が専攻された英文学の世界で大変著名な方と伺っております、それでは○○先生宜しくお願い申し上げます。どうぞお進みくださいませ!(係員がマイクまで誘導します)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鏡開き

<司会者>

ありがとうございました、続きましてご新郎ご新婦によりまして「鏡開き」でございます。カメラをお持ちの方はどうぞお進みください。準備が出来ましたら私が「セーノ」と申しますので皆様は大きな声で「ヨイショ!」とお声をかけて下さい・・・<合図を待って>ご準備が整ったようです、参りますよ!「セーノ」ノ」                         

<プロ司会者は>

ありがとうございました、ご主賓の○○様そして△△様より大変暖かなご祝辞を頂戴し喜びいっぱいのご新郎ご新婦、これより「鏡開き」でございます、ご準備をお願いいたします。鏡開きは本来新年に無病息災を願って日本古来から行われていましたが鏡は円満を意味し開きは末広がりを意味することから婚礼の席でもご新郎様ご新婦様はもとよりご参集いただきました皆々様のご多幸をお祈りする行事として取り入れられて来たそうです。・・・ご準備いかがですか、カメラマンの方お進みください。

(カメラを持った方が立ったままだったら)カメラマンの方々ちょっとだけしゃがんでいただけますか・・と!)

準備が出来ましたら私が「セーノ」と申しますので皆様は大きな声で「ヨイショ!」とお声をかけて下さい・・・

ご準備が整ったようです、参りますよ!「セーノ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

乾杯の発声                       

<司会者>

ありがとうございました、続きまして乾杯のご発声をご新郎の空手部の顧問であられました○○先生にお願いします。○○先生には一言お祝いのお言葉を頂戴した後ご発声を頂戴いたしますので皆様はどうぞ着席のままご拝聴くださいませ。

(祝辞が終わったら)それではご発声を頂きます、皆様ご起立ください。(終了したら)どうぞご着席下さい。

<プロ司会者は> 

同文でよろしいでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

祝宴開始・・・やっと呑めるぞ食えるぞ<笑>

<司会者> 

皆様ご協力ありがとうございました、これよりお食事のお時間とさせて頂きます、ごゆっくりお過ごしください。

<プロ司会者は> 

ご新郎ご新婦はお仲人さま、ご主賓の方々、乾杯のご発声、皆々様の暖かな拍手を頂き幸せいっぱいです、これより皆様にはご両家よりご用意させて頂きましたお料理をお楽しみ頂きたいと思います、どうぞごゆっくりお過ごしください。

料理の進行に・・・只今お届けしておりますスープはシェフご自慢の○○スープでございます、あたたかなスープは温かなうちにと提供されております、どうぞ楽しみ下さい。(只今お届けしておりますステーキ、ご当地自慢の○○牛を厳選しておりますじっくりお楽しみください。‥のように入れていく) 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ご新郎ご新婦 和装から洋装へお色直し退場 

<司会者> ・・・合図があったら 

皆様お食事中ではありますが、このお時間を頂きましてご新郎ご新婦お色直しに向かわれます、拍手でお送りください! 

<プロ司会者は> 

皆様お食事お楽しみ頂いておりますでしょうか、ご歓談の中、誠に恐縮ではございますがこのお時間を頂戴しご新郎ご新婦お色直しに向かわせて頂きます、どうぞ拍手でお送りくださいませ.(動きを見ながら)只今、先輩、お友達のお席をお通りです、お祝いのお言葉もおかけください!

#時間の関係でご祝辞を頂けない大物の顔を立てる!「只今、○○様はじめご新郎の先輩方がお掛けのお席をお通りです」とお名前を読み上げて差し上げる・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

祝電披露 

#披露する祝電はご両家に選択してもらいましょう(司会者が勝手に選んではいけません)

<司会者>

皆様、お食事ご歓談中恐縮ですがここでお二人、ご両家に寄せられました祝電をご披露させて頂きます。(終わったら)ありがとうございました、引き続きごゆっくりお過ごしください。ご披露は・・・各5通ずつくらいでいいでしょう(終わったら)ありがとうございました、引き続きごゆっくりご歓談くださいませ。

<プロ司会者は>

皆様お食事お楽しみ頂いておりますでしょうか!お酒も存分にご用意させて頂いておりますのでお楽しみください、ここでご両家様、ご新郎ご新婦様へ頂きました祝電の一部をご紹介させて頂きますが、その前に先ほどから会場の空気を温かく盛り上げてくれているピアニストをご紹介いたします。○○さんです!ではご祝電ご披露致します。

ご披露は・・・各5通ずつくらいでいいでしょう(終わったら)ありがとうございました、引き続きごゆっくりご歓談くださいませ)

新郎新婦は・・・祝電を頂きました方への御礼も忘れないようにしましょう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ご新郎ご新婦 洋装でキャンドルサービス入場からウエディングケーキ入刀        

#お色直しの後、写真撮影を済まされましたら、再び新郎新婦の入場です、キャンドルを各席付けて回ったりキャンディをプレゼントしながら入場します。

<司会者>

大変お待たせしました、ご新郎ご新婦お色直しを済まされご入場致します、どうぞ拍手でお迎えください。ご入場! (新郎新婦が一礼して動き始めたら)これよりご新郎ご新婦は皆様のお席にご挨拶に参ります、お祝いのお言葉、写真撮影など宜しくお願いいたします。

(高砂の席にそろそろ、そして到着したら)

皆様にお祝いのお言葉や拍手を頂きながらご入場なさいましたご新郎ご新婦は只今よりメインキャンドルへ着火致します、一層の拍手をお添え下さい。・・・・・・・・・・・ありがとうございました。           

<プロ司会者は>

同文プラス・・・各席を回り時間がかかります、ご自分の席でない時、正直退屈になるご来賓も!そこでプロは!新郎新婦が到着しているお席の紹介を添えていきます、このお時間も時間の関係でご祝辞など頂けなかった方のお顔を立てる事にもなりますので席次票をチェックして是非実行してください(特に著名な方が多い披露宴では)         

実話=5百人を超す披露宴も沢山担当させて頂きました、序列に関して最も気を使います、現職総理が上か党内で一番力のある元総理が上なのか?と言うように、こんな場合は主賓を二人三人と増やせばいいのですが、地元で力になってくれてる町議などは?格から言うと県議も挨拶無なのに町議が挨拶では問題がという事になります・・・

そんな時、気を良くするようなコメントを付けてこの時間に紹介する・・・場合によってはご起立頂いて(事前にスポット係にも伝えておく)司会者!腕の見せどころ!      

(私が県議をキャンドルサービス中紹介した例)「先ほどご新郎が兄のように慕いご指導頂いた〇〇町議にご挨拶を頂戴いたしましたが、こちらのお席には日頃より大変お世話になっております皆様よくご存知の△△県議にもご出席頂いております、ご紹介いたします!△△先生ご起立お願い致します」・・・ありがとうございました!・・・・・と顔を立てる<笑>

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

ケーキ入刀   鏡開き                                                                

はじめのご衣裳がウエディングドレスとタキシードという洋装の場合は「鏡開き」のところ(時間)でケーキ入刀をします。洋装で鏡開きをしてもかまいませんが!

<司会者>

続きましてご新郎ご新婦にはウエディングケーキ入刀をお願いします、カメラマンの方どうぞお近くにお進みください。 

#カメラマンで後ろのお客様が見えづらくなったら・・・皆様に見えますよう少ししゃがんでお願いします=必要に応じて!て! 

<準備が整った合図が来たら>・・・ではお願いします、「ウエイディンケーキ入刀!」        

<プロ司会者は>

続きましてご新郎ご新婦にはウエディングケーキ入刀をお願いします。このセレモニーの由来は、愛し合う男女がひとつのパンを分け合うことによって永遠の愛を誓ったというギリシャ神話によると言われております。その後ご披露宴などでご新郎ご新婦の喜びをお集り頂いた方々におすそ分けすると言う意味で始まりました。そろそろご準備が整ったようでございます、では参ります、「ウエイディンケーキご入刀!」どうぞお写真お取りくださいませ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

友人代表や余興

<司会者>

皆様ご協力ありがとうございました、これよりご祝辞や余興を頂きます、まずはじめに・・・と順次紹介していく。

<プロ司会者は>

皆様ご協力ありがとうございました、本日は沢山のご上司、先輩、お友達にお集り頂いております、ここからご祝辞や余興を頂戴してまいります。それでは・・・と順次紹介していく。 

#この位置に、準主賓クラスの人達をバランスよく入れる。(準主賓祝辞のあと)友人代表や余興を入れる。

#準主賓的な人が多い場合の友人代表はご新郎ご新婦お色直し中にお願いしましょう!年功序列<笑>

#新郎新婦不在の中、スピーチをお願いする場合は

「誠に恐縮ですがご祝辞を頂戴するこのお時間、ご新郎ご新婦はお色直しをしております。ご新郎ご新婦より「後日、ビデオで拝見させて頂きます」とお詫びして下さいございました、スピーチを頂きます方々にはご無礼と存じますがお許し頂きたいと存じます。

#司会者は事前にお色直し中、スピーチを頂く方にお会いし、その旨お伝えしておきましょう。スピーチの内容が違ってくるはずですので!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ご新郎ご新婦よりご両親への花束贈呈             

二通りのやり方があります、1それぞれご自分のご両親に2交差して相手のご両親に=判断はご新郎ご新婦にお任せしましょう!#「感謝の言葉、なさる?」って打ち合わせでお聞きすると「泣いちゃうから嫌」と言うお返事が・・・でもご両親の大きな思い出になるからとお勧めした方がいいですよ!後日、左京さんの言う通りにして良かったと感謝の言葉、沢山いただきましたよ。やっちゃいましょう<笑>    

<司会者>

沢山のご祝辞また楽しい余興を頂き有難うございました。それではここでご新郎ご新婦よりこれまでお育てになられましたご両親様にご新婦が代表し御礼のお言葉を述べさせて頂き感謝の花束贈呈をさせて頂きます。              

<プロ司会者>

ご媒酌人様、ご主賓の皆様より貴重なお話を頂戴し皆々様より暖かなお言葉や楽しい余興を頂いてまいりましたがお披楽喜の時間が近づいて参りました、これよりご新郎ご新婦は先ほどから喜びの涙を浮かべられておりますご両親に感謝の言葉と花束の贈呈をさせて頂きます。それでは感謝の言葉をご新婦様よりお願いいたします。           

<司会者>

(ご新婦の言葉が済みましたら)どうぞお進みください!            

<プロ司会者>

心清く心のこもったご新婦から感謝のお言葉、私も感動致しました、どうぞご新郎ご新婦ご両親のもとへお進みください。(ご両親の立つ位置まで距離がある場合は)ご新婦様は何をお話していいか大変迷われていました、寝ずに看病してくれたこと、旅行の楽しい思い出など山のようにあるそうです、そんな事を思い出しながら今、ご両親の元にお進みになっておられます・・・などとつなぐ。         

<司会者プロ司会者>

(ご新郎ご新婦がご両親の前に到着したら) それではご新郎はご新郎のご両親様にご新婦はご新婦のご両親様へ花束をお渡しください、皆々様、盛大な拍手をお願いいたします。                    

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ご両家代表謝辞(ご本人もなさるケースあり)         

<司会者>

皆様、あたたかな拍手ありがとうございました、これよりご両家代表してご新郎お父上○○より皆々様に御礼の言葉をお願いいたします。(終了したら)それではこれを持ちまして○○様ご長男○○様、○○家ご長女○○様のご結婚ご披露宴お披楽喜とさせていただきます、ありがとうございました、これよりご媒酌人様ご夫妻、ご両家ご両親、ご新郎ご新婦は一足先にご退席致します、拍手でお送りください。      

<プロ司会者>

温かな皆々様に包まれましたご新郎ご新婦、ご両親への花束贈呈も済まされいよいよ新生活のスタートでございます。本日お忙しい中お集り頂いた皆々様にご両家より御礼のご挨拶を申し上げます。

ご新郎お父上○○様、お願いいたします。(終了したら) それではこれを持ちまして○○様ご長男○○様、○○家ご長女○○様のご結婚ご披露宴めでたくお披楽喜とさせていただきます、これよりご媒酌人様ご夫妻、ご両家ご両親そして大きな感動と感謝を胸にしたご新郎ご新婦は一足先にご退席し皆様お見送りの準備をさせて頂きます。

拍手でお送りください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お披楽喜 

<退席後、ドアが一旦閉まりお見送り準備OKの合図が来たら(五分もかかりません。たぶん!・・・もしかしたら、お手洗いがあるかも?つなぐ!)

<司会者> 

(準備完了の合図が来たら)お見送りのご準備が整ったようでございます、長時間にわたりご協力頂きましてありがとうございました、どうぞお進みくださいませ。             

<プロ司会者>

本日は挙式よりご出席いただきましたご媒酌人様ご夫妻、ご親戚の皆様、貴重なお話を頂きましたご主賓やご上司、お友達の皆様、楽しい余興を頂きました皆々様ご協力ありがとうございました。

司会者としましても大助かりなお客様でした、重ねて御礼申し上げます、ありがとうございました。

お見送りの準備が整ったようでございます、どうぞお進みください!ありがとうございました。

(お客様の退席が遅い時は)

ご新郎ご新婦様皆様をお見送りさせて頂いております、どうぞお進みくださいと声をかける。

<会場は次のセットアップがあるかも、お互い協力しましょう>

<お知らせ> 各種参考挨拶文はスピーチ文例にご用意させて頂いております。

全体を通してプロは・・・                     

#ご披露宴最適な時間は2時間30分くらいです、最長でも3時間、長くなりすぎるとお客様は椅子の背もたれに・・・これお客様が疲れてる目安です!楽しい披露宴だったと思ってもらう為にも時間は気にかけましょう。#最後のお客さんに続き司会者演奏者も続き挨拶しましょう。

#すべて終わったら会場に戻り、チーフやスタッフにお疲れ様でしたと挨拶をして会場を後にしましょう。

#二次会が近くであるようでしたら、前振り(挙式の報告など)をして差し上げ二次会の司会者にバトンタッチなどしてあげれば喜ばれるでしょう。weddingsakyoおじさんは時間の許す限り実行しています。

20 結婚・披露宴、人前式とは

考えてみませんか?人前結婚式!  weddingsakyo推奨

お正月は神社にお参りしご先祖さまへのご挨拶はお寺、結婚式は教会でって方、多いよね!日本人は毎週教会に行ったり新嘗祭などに参加したりする方は少ないんですね

だから私が始めた「人前式」が広まったのかもしれません。

人前式は披露宴会場以外の部屋で執り行い披露宴会場に移動する方法と、披露宴会場で披露宴の前に行う形があります。

人前式を行う場合、新郎新婦はご来賓の会場入りお迎えはせず、別室で待機します。

人前式のメリット

 

1、人前式と披露宴が同じ場所で出来るので移動がない 

2、場所を選ばないのでオリジナリティ溢れる挙式が出来る 

3、挙式に掛かる費用が 不必要が挙げられます。                                        

祭司は誰なの?

人前式を取り仕切る祭司は「進行役」として人前式を進行しす。

一般的に挙式は牧師さんや神主さんが進めますが人前式は「どなたでもOK」です。

披露宴の進行を担当する「司会者」は適任ですが、船上披露宴など企画される人は船長さんなどもいいですね!

チャペルや神殿は?

結婚を報告し永遠の愛を誓うのに決まりはありません、その対象が親しい人達だったりお星さまだったり・・・

海だったり山だったりも素敵です。

話はそれますが、

お二人で山頂に立ち祭司もなく二人だけで星に向かって永遠の愛を誓うなんていうのもロマンティックですね

衣装は?

衣装にも決まりはありません、皇室などは決まりはありますが、それはその家系の決まりであって一般の方に決まりはありませんので平服でも大丈夫、でもご新郎ご新婦はお目出度い式ですので胸に花くらいは付けたいですね。

 

 

2 人前式を組み込んだ挙式と披露宴

21 結婚・披露宴、人前式から披露宴へ<無料台本>

(下記台本はご媒酌人(お仲人)は立てないと言う設定です)weddingsakyo

来賓入場 

#人前式と披露宴、同室で行う場合の台本 

ご来賓は到着し受付を済ませ(披露宴会場で人前式を行う場合、別会場で人前式を行う場合は式の後、受付をする)ご来賓控室でウエルカムドリンクを!人前式のご案内と共にご来賓は会場へ移動着席!          

<司会者> アマチュアの方もマイクの前では進行を任せられたプロって気持ちでね!

 

(ご来賓とご両親も会場に入り、扉の外で新郎新婦の入場準備が整ったら)   

皆様お待たせしております、本日進行役を務めさせて頂きます新郎の友人○○と新婦の友人□□と申します。

本日は形式ばった披露宴ではなく皆様と肩の凝らない形でお食事を共にさせて頂きたいというご新郎ご新婦のご希望ですのでごゆっくりお過ごし頂きたいと思います、どうぞご協力宜しくお願い致します。

<拍手がなりやんだら>

また新郎新婦は特定の宗教はお持ちでありませんので本日はまず、皆様をお立会人とさせて頂き、人前式にて永久(とわ)の愛を誓わせて頂きます、その後ご来賓のお言葉を頂きながらのご披露宴とさせていただきます。

ご新郎ご新婦のご用意が整いました、お席に着きますまで温かな拍手でお迎えください。    

ご新郎ご新婦ご入場です!拍手でお迎えください。                   

#入場時の音楽について

ワーグナーやメンデルスゾーンがお決まりのパターンでしたが最近は安室奈美恵さんの曲など現代音楽を使われる新郎新婦が増えています。

音楽家の左京としてはワーグナーやメンデルスゾーンは初めの入場やケーキ入刀で使用しお色直し後の入場で安室奈美恵さんの曲などを使用した方がメリハリがありよろしいかと思います!                                       

(定位置(正面)に到着し着席したら)

ありがとうございました、これより○○家○○様、□□家□□様のご結婚人前式を執り行います。

ご新郎ご新婦ご起立下さい。

只今よりご新郎○○家○○様とご新婦□□家□□様は皆様のお立会いのもと、夫婦(めおと)の契りを致します。

ご新郎は○○さんは◎年◎月日◎日、お父上○○様、お母上○○様のご長男としご誕生、ご新婦は○○さんは◎年◎月日◎日、お父上○○様、お母上○○様のご長女としご誕生いたしました。

 

お二人は○年○月、ご友人のご紹介で知り合い本日を迎えるはこびとなりました。只今よりお二人により永久の愛を誓う宣誓書をお読みいただきます。ご清聴下さい。それではご新郎ご新婦お願いいたします。                                       

<新郎新婦>

#お名前以外はお二人で読み上げて下さい 

宣誓 本日は私共の婚儀に際しお集まり頂きありがとうございます。

私○○と私□□はこれより夫婦(めおと)として力を合わせ、楽しさは二人でより大きなものに、苦しさは二人でより小さなものに、どんな嵐が来ようがどんな山や谷が二人の前に立ちふさがろうが力を合わせ乗り越え明るく楽しい家庭を築いてまいります事を皆様の前で固くお誓い申し上げます。

本日お集まり頂きました皆様には心から御礼申し上げると共に人生の羅針盤として今後も温かなご指導をお願いし結婚の宣誓とさせていただきます。令和〇年〇月〇日、(新郎、名前)(新婦、名前)ありがとうございました。

<司会者>

祝福の拍手をお送りください。ご新郎ご新婦、お座りください。

続きまして両家より立会人を代表して頂きご祝辞を頂戴いたします、はじめにご新郎側より○○様宜しくお願い致します。(マイクの前に着いたら) 宜しくお願い致します     

<新郎側立会人代表>  #主賓もしくは主賓格の方が適任です             

例文=おめでとうございます、本日はご両家のご婚儀に立会人として出席させて頂き光栄に存じます。お二人の宣誓をお聞きしすがすがしい気持ちになりました。どうぞお幸せにお暮し下さい。                                       

<司会者>

続いてご新婦側より○○様宜しくお願い致します。              

<新婦側立会人代表> #主賓もしくは主賓格の方が適任です              

例文=おめでとうございます、ご両家の良き日に際しご婚儀立ち合いをさせて頂きありがとうございました。末永くお幸せにお過ごしください。                   

<司会者>

ありがとうございました、皆様の温かなお心に包まれご新郎ご新婦は目出度く夫婦(めおと)の契りを済まされました、これを持ちまして人前式よりご披露宴とさせて頂きます。

まずはじめにご新郎のご紹介をご新郎のお妹様、ご新婦のご紹介をご新婦の弟様からお願いいたします。それではお兄様からお願いいたします・・・・と言う風に続け、主賓の挨拶へと続けていきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<閉式> #人前式と披露宴は別の部屋で行う場合

<司会者>

ありがとうございました、喜びのお二人一足先に退席させて頂きます、祝福の拍手でお送りください。

(ご新郎ご新婦が退室したら)

皆様、ご協力ありがとうございました、これよりご両家より祝いの宴をご用意させて頂きましたのでご披露宴会場へお進みくださいませ。

(人前式出席者は披露宴会場へ移動)(司会者も披露宴会場に入り・ご新郎ご新婦のご入場の合図を待ちます)                                

<プロ司会者は>   

# プロ司会者も披露宴会場に入り、ご案内を始める       

ご来場ありがとうございます、高砂のお席に向かい左手にご新郎側、右手にご新婦側のお席をご用意させて頂きました。

お席にはお名前のお札をご用意いたしました、ご確認の上ご着席下さいませ。

・・・これを数回繰り返し(ご両親も入場したら)ご両親様もご入場なさりご新郎ご新婦はご入場の準備をしております、カメラをお持ちの方、ご準備は宜しいですか?ご入場は皆様がご入場された入口より行います、素晴らしいお写真お願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<司会者>

(係員が準備出来たと合図をしたら)

お待たせいたしました、挙式をすまされ喜び一杯のご新郎ご新婦のご入場でございます、大きな拍手でお迎えください、ご新郎ご新婦ご入場でございます                                  

<プロ司会者>

(係員が準備出来たと合図をしたら)

新郎新婦が高砂の席に着くまで、拍手の合間を使い、簡単なご紹介などコメント入れていき、高砂のお席に着くタイミングで今一度拍手をお願いします。                                 

例文=少し緊張気味のお二人でございます、りりしいご新郎○○さんは空手の初段をお持ちだそうですが、ういういしい花嫁○○さんも空手の心得があるそうで3段の腕前だそうです!

 

プラス花嫁○○さんは税理士の資格もお持ちの才女と伺っております。 結婚生活の主導権は花嫁さんにありそうです!

(新郎新婦が着席したら)                   

<司会者>

#ご新郎ご新婦が高砂(メインステージ)に到着、着席したら 

ありがとうございました、令和〇年◎月◎日、只今よりご新郎○○家ご長男○○様とご新婦□□家ご長女□□様のご結婚ご披露宴を開宴致します、まずはじめに先刻お二人は人前式にて永遠の愛を御誓いなさったことをご報告申し上げます。

続きましてご新郎ご新婦のご紹介をお願いいたします。まずご新郎のご紹介は妹さんの○○さん、続いてご新婦のご紹介は弟さんの○○さんよりお願いい致します。 

それではご新郎のご紹介をご新郎の妹、○○様宜しくお願い致します。(ご紹介が済んだら)

<司会者> 

続きましてご新婦のご紹介をご新婦の弟、○○様からお願いいたします。(・・・と言う風に続け、主賓の挨拶へと続けていきます)流れのイメージ湧きましたか? 

人前式からご披露宴! ここまで司会者さん上手に進めて下さいね<笑>         

以上は人前式の進行役を司会者が務める場合で、いわゆる式を取り仕切る祭司を司会者が務めていますが、アレンジも可能です。

例えば船上結婚式は司会者は進行に専念し、祭司を務める船長が上記で司会者が行った口上をアレンジして述べます。(船長や漁労長、尊敬する先輩など多種多様です、「どうしたらいいかな?」weddingsakyoまで遠慮なくご相談ください!)

3 媒酌人(仲人)他 スピーチ参考文

まとめ

目次へ戻る

© 2022 結婚式と披露宴のすべて Powered by AFFINGER5