生まれ育ったところで暮らすのが本当は一番いい、同じ空気や水の元で!

頑張り過ぎない!

都会育ち

おはようござます、東京は今雨が降っています、TVでエリザベス女王の在位70年式典見ました、皇室、王室に対し色々なご意見はあると思いますが、ひ孫が大お婆ちゃんに話しかける様子はほのぼのとしていましたし、お祝いに世界的に活躍する歌手が駆け付けるなど素晴らしい催しでした。女王はお元気そうですので100歳までは在位して欲しいと思いましたよ。

さてさて突然ですが貴方はどちらで育ちましたか?北の方ですか南?田舎ですか街ですか大都会ですか?

 私は島で生まれ幼児期を島、児童期のスタートは長崎の田舎と山の手、小学校後期から東京で育ち現在も東京に暮らしております。

幼児期に暮らした田舎の祖父は農業、近くには漁業の人もいましたが、大雨で種が流されても仕方がない、海に嵐が続き漁に出られなくても仕方ないと自然に添って暮らしていました。

一方東京の人は必死に種が流されないように、嵐でも漁に出られるよう船に大きなエンジンを付けたりもがきます。

大病して入院している間にパソコン組み立てをマスターした友達がいました、偉いと思いましたが、半年や一年何の努力もせず暮らせばいいのにとも思いました。

生まれ育った環境で時の過ごし方は違ってきますね、もし貴方にたっぷりの時間と暮らして行けるだけの貯蓄があったら、どんな生活をなさいますか!

私は田舎で生まれ育ちましたが、毎朝起きて、防波堤に座りタバコを吸って一日を終える、憧れは有っても三日も続かないでしょう、やはり都会に染まってしまったと思います!


 このサイトじっくり見ました。もちろん販売促進のサイトですので広告的ではありますが、お肌の事を細かくイラストや写真付きで説明していますので、どうしてこうなる、どうしたら治って行くと理論的に判りました。タダ塗ればでは不安ですよね!一度ご覧になるとお肌博士になれますね、どうぞ!


 このサイトを見て、作務衣と甚平の違いが判りました。作務衣はお坊さんが着ているのをよく見ますね、甚平は夏祭りでよく見かけます。現代はファッションとしての作務衣を着るお洒落な方も増えています。お料理する時、エプロンですか、それとも割烹着ですか、それぞれの利点や好みもありますが、元々は作業着の作務衣とジーンズ、この二つもそれぞれ・・・私は両方、気分によって着ようと思います。作務衣は着物ではありませんので動きやすいしハイクラスなオシャレですね!このサイトご覧ください、伝統を味わえます!

-頑張り過ぎない!

© 2022 結婚式と披露宴のすべて Powered by AFFINGER5